本当のことの見つけ方 11月1日

Pocket
GREE にシェア

’成長’という言葉が好きじゃないです。昔からです。高め合おう、とかも苦手です。

強制力を感じるのかもしれません。励まし合うとか、笑い合うことは好きです。結果、’成長すること’は、
みんなと同じくらいに好きだと思います。
ちなみに私は輝きたくもないです。輝きたい人口が多いかと思われる中、やはりひねくれているだろうか・・と考えてみると、地味な人が輝いて見えるというのがあると思う。私は地味めな人を好む傾向があります。見た目や言動が派手に見えても、地味な人、というのも入っています。



順当にできる人ばかりではありません。
私は家庭教師をしていたこともありますが、できない子にはその子それぞれの言い分も、原因もあります。
私は自分ができない子だったので、できない子ができるようになっていく姿を見るのが嬉しかった。

その人のペースでやることは、怠けてるわけでもラクをしてるわけでもありません。
人からみて成長じゃなくていいの。競争じゃないんだから。攻略していく瞬間が自分でわかると
どれぐらい苦しんだか、人にはわからないその分、自分だけにわかるものが掴めます。求めてることはそこできっとわかる。



一昨日から昨日、今日にかけて、3.4人は連絡を取りました。落ち込んでいたから。

みんな平和的な人だなと思います。性別、年齢、職業、立場、バラバラだけど、私がそういう人を選んだのだと思います。言い方も、考え方も、そういうときに連絡するのは
わかってくれそうな人
自分の、背中を押してくれそうな人にすると思います。私もそうです。今回は職場のことが、メインの嫌ごとでしたが、親切なアドバイスと共に、最後の最後に、付け加えられるのは、
だめならやめちゃいな!ってことです。単純に、やってだめなら他に幾らでもあるから。

広がった、変わった、そういう瞬間は本当に、少ないけど、
直近では、運命の輪を想定することで、私はものすごくラクになったことを今、思い出します。これが全員に通じるかはわかりません。見つけたタイミングが、丁度、そういうときだったかもしれません。
抽象的で、イメージ的な話です。私が、過去にはなにもないということを知ったときとも重なります。運命の輪は良い時も悪い時も、ずっと静かに回っています。ちゃんと掴んで、潔く離す。
ズルズルと期限の切れたものを持ち続ける意欲や、しがみつかざるを得ない恐怖は減ったと思います。

次に来た運命を、また新たに掴むだけだからです。
私は、自由なところからしか歩みだせない。やっぱり。


本能的な予測は私に限らず、当たると思います。違和感を感じたときです。ニュースで走れと流されたとして、実際その場で止まりたければ、当然止まったほうがいい。
止まってわかることもあります。自分の本当のことです
好きで後ろ向いてるときもあるし、迷いたくて迷ってるときもあって、
それでいいんじゃないかと思う

私は私の書き方で書いていますが絶対的正解じゃなくて、私が、確信しつつあることを書いています。色んな言い方で応援してくれる人がいると思います。
色んな考えがあるのは、どれが正解じゃなく、
その種類だけ、色んな人がいるということです。だから自分に合った、自分の方法を見つけること

違っても敵ではありません。ペースもやり方も人それぞれです。
最終着地点が同じでも、そこへ辿り着くまでの道すじに至っては人の数以上にある。




うまくできないで来た私でも、声をかけてくれる人はいるわけですが、違いはあっても、愛を感じられるかどうかはわかるはずです。表現方法とか目に見えるものでもなく、
その手に太陽があるかどうか。そう感じるか?わかりやすい味方の判別方法です。
そして自分の太陽のほうに、人間は傾くと私は思う。




 

Pocket
GREE にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です